現状からさらに業績を向上させるお手伝い
「成長」がテーマです。

お問合わせ

コンサルティング「成長とは?」

  • 多くの会社が売上が少しずつ、下降気味になってきたときに、「売上をあげよう」と営業マンの尻たたきをしたり、「新事業だ!」といって商品部や開発チームを発足したりし始めます。
    マンパワーの営業マンの尻をたたいても売上はあがりません。
    新規事業は、最低3年収益があがるのにかかります。
    だから、本事業が順調な時から準備する必要があります。

step01

営業マンのマンパワーに頼らない営業の「しくみ」を考える。

step02

そこに数値目標を付ける。

step03

数値目標がついたら、その数値を実現するために具体的に
「いつまでに」 「だれが」「なにを」というアクションプランを設定する。

step04

毎月モニタリングしながらの検証、アクションプランの修正。

簡単にいえば、言い古された「PDCAJ を回すことです。
自社でやってうまく行かないのは

  • ・中途半端で終わってしまう。
  • ・コミットが中途半端
  • ・業界に常識から「しくみ」が有効ではない

以上3点です。
当社の「成長Jコンサルテイングは、これを「しくみ」として2年間限定でお手伝いします。

2年後には、社員が考え、社員が動くそんな組織がゴールです。

お問合せ

売上が下がるとよく言われる言葉

売上が下がってきた!! 営業マンの気合が足りない!!!
尻をたたいて売上が上がる世の中ではありません。

  • ① 「しくみ」を作ること。
  • ② 能力のない従業員でもできる「小さな行動」に落とすこと。
新規事業だ!! 商品開発・業態開発だ!!!
尻をたたいて売上が上がる世の中ではありません。

  • ① 新しい取り組みは最低3年かかります。
    本事業が下降の時にやってももう手遅れ!!
  • ② 取り組みが続かない。
    ただの自己満足なプランになっていないか??

矢印

  • 代表税理士関根威の経営雑感
  • コンサルタントのブログ 儲けのためにできること

これらを解決するのが、
SMC「成長」コンサルティングです。